婦人

寿命となってしまう前に給湯器は交換|快適な生活を送る為に

自宅でお湯を使おう

電気、ガス、石油とそれぞれの給湯器にはコストや使い方、設置方法などで異なるメリットとデメリットがあります。自宅の置かれた環境や生活スタイルを考慮して、家庭に合ったものを選ぶと良いのではないでしょうか。

View Detail

故障は防げることもある

給湯器と窓

環境によって変わる

毎日使用するお湯は、給湯器で作られます。ある日突然給湯器が壊れたら困りますよね。では、給湯器の寿命とはどのようになっているのでしょうか。給湯器の寿命は10年とされています。ですが給湯器は使用する環境などで寿命は大きく変わります。故障の原因には環境も関係しています。屋外に排気のための空間が少ないと、排ガスを再び取り込んでしまい、故障の原因となります。屋外にある排気部分や、配管が傷むことで故障することもあります。特に雨が当たる場所では傷みます。寿命が10年とされていますが、故障が起きやすくなるのは、7年から8年経った頃です。その頃までに、いつもと違うと感じることがあった場合は、使い続けずに、点検や修理をしたほうがいいです。

故障を防ぐ方法

給湯器の寿命を早くさせないようにすることもできます。お風呂では水の配管を傷めないようにすることです。入浴剤を使用する人は多いと思いますが、入浴剤の種類によっては、成分に硫黄が入っていることがあります。硫黄は配管を傷めてしまうことがあるため、入浴剤を使用するときは成分を確認してから使用します。また、入浴剤を使用したときは、追い焚き機能は使用しない方がいいといわれています。給湯器には、屋外部分の排気カバーや配管カバーを付けたほうが良い場合があります。カバーがあることで、配管が傷まないからです。また、吸気や排気がスムーズに行え、故障を防ぐことができます。ガスや石油の給湯器は、長年使用すると故障時の事故が心配になります。壊れるまで使う前に、点検を受けることで安心して使用できます。

お湯の大切さを感じよう

給湯器は冬場に配管が凍ることでお湯が出にくくなることがあります。配管の手直し工事で済む場合もありますが、温度にムラがあったり、湯量が安定して出なくなった時には、新しい給湯器の取り付け工事を依頼するとよいでしょう。

View Detail

環境によって変わる

とても便利な給湯器ですが、突然不具合を起こしたときはパニックになりがちです。一旦落ち着いて、不具合の原因を確かめてみましょう。故障であるとわかれば、専門の業者に依頼すればすぐに駆けつけてくれます。費用が心配なときは事前に見積もりをお願いしましょう。

View Detail