お湯の大切さを感じよう|寿命となってしまう前に給湯器は交換|快適な生活を送る為に
メンズ

寿命となってしまう前に給湯器は交換|快適な生活を送る為に

お湯の大切さを感じよう

配管が凍ることがあります

冬場にお湯がすぐ出る環境に慣れてしまうと、給湯器が壊れた時にいかにお湯が出る生活が大切な物か、身に染みる経験をした人がたくさんいます。冬場に気温が急激に下がると、配管内に残ったお湯が凍ることで朝一番で使用したときにお湯が出なくなることがあります。これは給湯器の故障ではなく、配管を温める事で氷が解け、再びお湯が出るようになります。慌てて給湯器の工事を依頼する前に、電気ポットのお湯などを利用して配管を温めてみましょう。また、事前に配管に凍結防止用のテープを巻いたり、断熱材で取り囲むと未然にこのようなトラブルを避ける事ができます。給湯器の工事は10年もすると取り換えが必要になります。大切に使用していきましょう。

雷の影響をご存知ですか

天候により、給湯器が突然故障するケースが発生することがあります。雷を伴う台風が訪れると、落ちた雷の影響によりインターホンが壊れたり、室内のパソコンが故障するように、給湯器が使えなくなる場合があります。これは雷により地面を通じて余分な電気が入り込み、給湯器そのものが故障してしまうためです。台風明けに工事の依頼が増える事があるため、事前に工事会社の確認をしておき、万が一に備えておくとよいでしょう。内部のファンを取り換えるだけで回復する場合もありますが、使用から時間が経っている場合や、以前からお湯の温度が一定にならなかったり、湯の出方にムラがある場合には新しい給湯器を考えてみましょう。最近では経済的なものが増え、家計にやさしい給湯器が人気です。